コンディションとは

中古品でよく言われるコンディションとはどういった事を表しているの?

中古品のコンディションとは「コンディションレベル」とも言われていて査定結果に大きな影響を与える判断材料になります。

 

まずコンディションレベルとは何か?

 

と言うことですが簡単に言えば「その商品の状態」を表していて、具体的にはアルファベットでNを筆頭にS/A/B・・・と言う感じで続いていきます。

 

査定の評価基準はそれぞれのお店によって異なりますが、表記の方法については同じような方法を取られていることが多いのでぜひ参考にしてみられると良いでしょう。

 

 

<ブランド品でよく使われているコンディションレベルの表記>

女性2人
N・・NEWの頭文字を取った表記。文字通り新品のことを指しています。

 

S・・Sランクの同様の意味を持つ。中古品の中でも未使用品や展示品などの場合はこのレベルになります。

 

A・・若干の使用感は感じられるが全体的に非常に状態が良いレベルのモノ。

 

汚れや傷などもなく金属部分に変色が見られない状態のレベル。

 

B・・使用感が感じられ一見して中古品であることが分かってしまうレベル。

 

生地にくたびれ感があり、若干の色落ちや日焼けなども確認できる。

 

金具に至っては変色が見られるとBランクになります。

 

C・・全体的によれよれと言ったくたびれ感がある。

 

ダメージ感がありコンディションとしては買い取りギリギリのレベル。

 

J・・ジャンク品の意味を持つ。

 

商品に虫食いの跡や黄ばみや汗じみ、カビやべた付き、破れやほつれなどが見受けられる。

 

金具には錆などが見られるレベル。

 

使用するのに難があり買取りは不可となるケースがほとんど。


 
おすすめの買取りショップ 買い取りショップの手順 送料・手数料 洋服を高く売るコツ ホーム